仮面ライダー 映画レビュー

【感想&考察】ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス|見応え抜群

ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス

こんにちは、仮面ライダー大好き”まるに”です。

今回はTTFCオリジナル「仮面ライダーリバイス」スピンオフ配信ドラマの第3弾「仮面ライダージャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス」の感想&考察をしていきます!

仮面ライダーシリーズ生誕50周年に相応しいライダーガールズオールスターです!

まるに

いったいどれだけの作品が参戦してくるのか楽しみ!!

公開日第1話:2022年8月7日
第2話:2022年8月21日
第3話:2022年9月11日
作品時間第1話:18分04秒
第2話:20分50秒
第3話:24分38秒
キャスト井本 彩花(五十嵐 さくら / 仮面ライダージャンヌ 役)
浅倉 唯(夏木 花 / 仮面ライダーアギレラ 役)
山本 ひかる(鳴海 亜樹子 役)
高山 侑子(大門 凛子 役)
工藤 美桜(深海 カノン 役)
松田 るか(ポッピーピポパポ / 仮面ライダーポッピー 役)
滝 裕可里(滝川 紗羽 役)
大幡しえり(ツクヨミ / 仮面ライダーツクヨミ 役)
鶴嶋 乃愛(イズ / 仮面ライダーゼロツー 役)
井桁 弘恵(仮面ライダーバルキリー 声)
アンジェラ 芽衣(神代 玲花 / 仮面ライダーサーベラ 役)
伊藤美来(ラブコフ 声)
文音(夏木 ユリ子 / 電波人間ブラックタックル 役)
松本梨香(藤本光子 / ミスタイタン 役)
主題歌Riot in bloom / 夏木 花(浅倉 唯)
スタッフ原作:石ノ森章太郎
監督:坂本浩一
脚本:内田裕基
視聴できる動画配信サービスTTFC
あわせて読みたい

【あらすじ】ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス

第1話

ある事件の調査のため、鳴海亜樹子の呼びかけでしあわせ湯に集められた神代玲花、イズ、ポッピーピポパポ、そしてさくらと花。“仮面ライダー”という共通の話題で盛り上がる女子たちだが、花だけは浮かない表情。花は<実の姉>を名乗る人物から届いた手紙に「会いたい」と書かれていたことについて、どうするべきか答えを出せずにいたのだ。悩んだ末に、探偵だと名乗った亜樹子を連れ、花はしあわせ湯を出ていく。そこに現れたのは、秘密結社ブラックサタン。敵の目的は花を組織の<大首領>として迎え入れることだという。花のピンチに駆け付けたさくらは、花を守るべく奮闘するが――。

https://www.kamen-rider-official.com/news_articles/1801

第2話

秘密結社ブラックサタンの襲撃を退け、手紙の主である夏木ユリ子に会うことが出来た花。ユリ子は母親と一緒にずっと花を探していたという。花はユリ子に自分が小さかったころの思い出を聞かされ、少しずつ心を許していく。そんなとき、花の心の中では花の悪魔が話しかけてきて…。一方のさくらたちはユリ子が”電波人間”と関係していることを突き止め、<ガールズリミックス>を結成、花を助けに向かう。途中で滝川紗羽と深海カノンとも合流し、花の元へたどり着くが、そこにいたのは、意外な姿をした花だったー。

https://www.kamen-rider-official.com/news_articles/1807

第3話

ブラックサタン復興のため、身寄りのない子供たちを集めて養育し、“娘”として利用していたミスタイタン。“母親”にAI制御されたユリ子は命じられるがままに電波人間ブラックタックルとなり、力づくで夏木花を奪おうとする。さくら、花、玲花、そしてポッピーピポパポ、イズも仮面ライダーに変身、ツクヨミも遅れてやってきて、ついにガールズリミックス全員集結! ユリ子と偽りの母親との哀しき関係断ち切り、ブラックサタンの復興の野望を食い止めることが出来るのか!?

https://www.kamen-rider-official.com/news_articles/1830

【感想&考察】(ネタバレ)ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス

第1話

まず第1話の感想ですが、キャスト豪華でスピンオフドラマだけどクオリティが高すぎ!!
特にアギレラファンにはたまらないストーリーとなっています。

作中には女性キャラのみ登場だからさすがに迫力シーンはないかと思ったけどそんなことは全然ない!
バリバリに戦闘シーンありますし、しっかり変身もする。変身前のアクションシーンも素晴らしい!
そして何より全員美しい……ずっと目が喜んでいます!

さらに、仮面ライダーシリーズ生誕50周年記念作品というだけあってこれまでのライダーシリーズの小ネタ満載なのがまた良いです。

次回がとても楽しみになるストーリーでした。

主題歌もめっちゃ良い!!
歌もダンスもできるなんてこれから伸びるぞ!

以下からはネタバレを含みます。

第1話の見どころ

  • ライダーシリーズ小ネタ集
  • 敵は秘密結社ブラックサタン、ミスタイタン
  • さくらの戦闘シーン
  • イズの応援
  • 劇中挿入曲
  • 主題歌を歌うのは夏木花(浅倉唯)

【ライダーシリーズ小ネタ集】
さくらの兄(一輝)が鳴海 亜樹子の旦那(照井竜)にお世話になっているっていうシーンは「リバイスミステリー」ですね。
鳴海 亜樹子のスリッパが炸裂!!しそうでしたがさすがにヒロイン達にはできませんでした。
イズの検索能力はフィリップをも上回る速度みたい。AIには勝てないですね。
また、イズがライダーに投げて渡すシーンがあるのも嬉しい小ネタ。
アギレラの新しい武器がタトバコンボ柄のキウイ撃輪!ワンシーンでリバイス&オーズ&鎧武のコラボなんて夢みたいです!

【敵は秘密結社ブラックサタン、ミスタイタン】
鳴海 亜樹子に扮していたのが「秘密結社ブラックサタン」の「ミスタイタン」でした。
ブラックサタンといえば仮面ライダーストロンガーに登場する悪の組織です。そしてストロンガーに登場するのが、初の変身ヒロイン電波人間タックル(電波人間タックルは正式な仮面ライダーではありません)。「秘密結社ブラックサタン」の「ミスタイタン」はガールズリミックスの敵としてこれ以上ない相手ですね。
ここでミスタイタンの声を演じているのが仮面ライダー龍騎の主題歌「A live a life」を歌う松本梨香さんです。龍騎コラボもこれで出来ましたね。
また、電波人間タックル(ブラック)が今回「ガールズリミックス」の初っ端から登場します。
しかも、初代:電波人間タックルが岬ユリ子で今回登場する花の実の姉と名乗るのが夏木 ユリ子。これは夏木ユリ子=電波人間タックル(ブラック)ということなんでしょうか。そして、電波人間タックル(ブラック)はリバイスの世界感でいう悪魔的存在なのかもしれない……と勝手に予想してみます。

【さくらの戦闘シーン】
次にびっくりしたのが、さくらの変身前アクションシーンです。
花や神代玲花のアクションも素晴らしいのですが、さくらの身のこなしや蹴りなどのアクションは目を奪われるほど圧巻でした。
さすが現役で1年間五十嵐さくら / 仮面ライダージャンヌを演じてきたものがありますね。

【イズの応援】
ここイチオシ!!
イズがうちわで応援してくれるシーンがとにかく可愛い!!
ゼロツーに変身してくれたらさらに嬉しい!!

【劇中挿入曲】
これはクレジットを見て気づかされたのですが、劇中挿入曲として「仮面ライダーW」「仮面ライダーウィザード」「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダーゼロワン」の曲が使用されているみたいです。
あと2話含めてめちゃくちゃ豪華な作品に仕上がってきそうですね!

【主題歌を歌うのは夏木花(浅倉唯)】
今回の主題歌も楽しみにしていましたがまさか夏木花(浅倉唯)がソロで歌うとはびっくりしました。
歌うまいしダンスもあってカッコイイ&可愛いが目白押し。
これはもう「ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックス」じゃなくて「仮面ライダーアギレラ」じゃないかな(笑)

【最後に】
今のところ「ストロンガー」「龍騎」「W」「ウィザード」「オーズ / OOO」「鎧武 / ガイム」「エグゼイド」「ゼロワン」「セイバー」「リバイス」のコラボ作品が確認できています。第2話では「ゴースト」「ビルド」から参戦されるので最終的に何作品のコラボが実現されるのかとても楽しみですね。

第2話

第2話の感想&考察していきます!

今回も見応え抜群な内容でした。第2話から事態が動きはじめます、といっても全3話なのであたりまえですね。
個人的には全3話といわず20話くらい、いや10話でいいので続けてほしい!!

第2話も第1話と同様アクションシーン満載です。
前回活躍が見られなかったキャラもしっかり活躍していて嬉しい。
そして毎回言うけど「可愛い!!」がたくさんなので観ていてずっと楽しいです。

それから、第1話よりエンディング主題歌がパワーアップしていました!
ファンの心が分かっているかのような改善?改良?
最後まで飽きさせない演出がいいですね。

それでは以下よりネタバレ含む感想&考察をしていきます。

第2話の見どころ

  • お姉さま方の頼もしさ
  • ポッピーが可愛い!
  • イズが可愛い!
  • 滝裕可里さん一人で3作品
  • 鳴海 亜樹子の一撃
  • さくらVS花
  • 電波人間ブラックタックル
  • エンディング主題歌がパワーアップ

【お姉さま方の頼もしさ】
今回さくらと花が喧嘩している様子を鳴海亜樹子・神代玲花・ポッピー・イズのお姉さま方が手助けしてくれるシーンがとてもほっこりします。
というか、みんなセリフのない場面でも演技だけで感情を表すのがとても上手なんですよね。セリフなくても見てられます。

【ポッピーが可愛い!】
ポッピーの活躍が見られたシーンがありましたがやっぱり可愛いんですよね。
カメラ目線なのが可愛いポイント!

【イズが可愛い!】
ヒューマギアだけどたまに見せる仕草がたまりません。
また、敵が襲い掛かってきても驚異の回避能力?で敵が倒れているのが圧倒的(笑)


【滝裕可里さん一人で3作品】
今回、滝裕可里さんが演じるのは「仮面ライダービルド」の滝川紗羽として登場していましたが、他のライダー作品でも演じていた「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル」の葛木葵や「仮面ライダーゴースト」の白瀬マリを連想させる演出があったのが心をくすぐられました。

【鳴海 亜樹子の一撃】
ついに鳴海 亜樹子の一撃「スリッパ」が炸裂!
敵が気絶するほどの威力があったんですね。

【さくらVS花】
花を助けに行ったところ花は悪魔花の姿をしていました。
さくらと花が喧嘩をしていた理由、さくらの何気ない言葉で花を傷つけていたんですね。
悪魔花が変身すると仮面ライダーアギレラブラックとなります。きっとここだけの変身フォームでしょう。
ですが悪魔花・アギレラブラックが観られたのは嬉しいですね。
何なら玉置くんの悪魔も観てみたかったです。

さくらは花と戦いながら自分の過ちを謝罪し、自分の花への気持ちをしっかり伝えています。
さくらのそういうはっきりした性格が僕は好きです。
自分の気持ちを自分の言葉で表すことってとても大事だなぁと感じました。

【電波人間ブラックタックル】
ガールズリミックスでの要が電波人間ブラックタックル。
悪はなんでも黒くしちゃえですね(笑)
実は花の姉と名乗っていた存在がブラックサタン一員の電波人間ブラックタックルでした。
そしてその母がミスタイタン。
以前に、その威力故に自身をも犠牲にする技「ウルトラサイクロン」を使用し生死不明となっていたがミスタイタンによって蘇生させられたのだろうか。

【エンディング主題歌がパワーアップ】
最後はやはりエンディング主題歌。
今回は第1話のときよりめちゃくちゃ良くなっていました。
アギレラ・花・悪魔花の3つの姿で登場。
これはまたファンが増えること間違いなし!!

第3話

ついに最終話です。
興奮冷めやらぬまま感想&考察をしていこうと思います。

最終回は個人的にエンディング(最後の約4分30秒間)だけ観られたらオールオッケーって感じです(笑)
エンディングにガールズリミックスのすべてが詰め込まれた素晴らしい映像集……!
これだけでも是非みてほしい!!

それでは以下よりネタバレを含む感想&考察をしていきます。

第3話の見どころ

  • 松本さんの顔出し
  • 変身シーン
  • カノンちゃんの変身は?
  • ツクヨミ登場!
  • 仮面ライダーアギレラのアクションシーン
  • 「Cherry-ish! 」
  • 何と言ってもエンディング最高!

【松本さんの顔出し】
最終話にしてミスタイタンを演じた松本梨香さんがお顔を出してくれました!
松本梨香さんというと仮面ライダー龍騎の主題歌「Alive A life」を歌い、仮面ライダーシリーズで初の女性ボーカルとなった方です。
ここでも”女性初”シリーズとしての起用でしょうね。

【変身シーン】
今回もライダーに変身しますが、その変身シーンが見応えあります!
ジャンヌ、アギレラ、サーベラ、ゼロツー、ポッピーの順にそれぞれの変身音が丁寧に聞くことができていました。
ここ結構嬉しいポイントですよね。ファンの心を分かってらっしゃる。
また、第1話・第2話でも同じようにライダーの戦闘シーンではそれぞれ自分たちの曲が流れています。
ここも細かな嬉しい興奮するポイントですね。

【カノンちゃんの変身は?】
ところでカノンちゃんは変身しないのか?という疑問がわいてきそうですが、今回なんとマコト兄ちゃんに危険だからとアイコンを隠されたのだそうです(笑)お兄さん過保護ですね。けどその気持ちも分からなくもない……
しかし、結局カノンちゃんは素で戦っちゃうわけで。それはそれで良かったのかもしれませんね。
ライダースーツが間に合わなかった?他のライダーに使っちゃった??

【ツクヨミ登場!】
そして遂にツクヨミが登場しました!
遅れた分を挽回するって言ってましたけど、来てくれただけでOKです!
さらに変身もしてくれてありがとうございます!

【仮面ライダーアギレラのアクションシーン】
今回注目してほしいのがアギレラの対ブラックタックルのシーンです。
アギレラは劣勢を強いられてブラックタックルに吹っ飛ばされてしまいます。
ここで何回か攻撃されて回転しながら吹っ飛ぶアクションが凄い。ワイヤー使ってるのかな?使ってなければかなりの身体能力だな!と感じました。

また、ラブコフとアギレラの初の合体技が見られました!ただ、ラブコフの背中に乗っているだけっていう(笑)
そういう小笑いなんかも入れてくれるのも感謝ですね。

【「Cherry-ish! 」】
最終戦闘シーンの曲がなんだか可愛い曲だなぁと思っていたら、さくらとラブコフが歌う「Cherry-ish! 」でした。

ちょっと仮面ライダー戦闘シーンとしては拍子抜けするような曲でしたが単体で聴くとめちゃくちゃいい曲ですね!

【何と言ってもエンディング最高!】
そして今回一番伝えたいのがエンディング!
これやば!めっちゃ良くないですか!?何ならここだけでお金払う価値ありですよ!

みんな私服でおしゃれして可愛いが勢揃いで、ポッピーが松田るかだしイズが鶴嶋乃愛だし、井桁弘恵さん来てほしかったー。
観てない方は本当に観てほしいです!

まとめ

ジャンヌ&アギレラ with ガールズリミックスは仮面ライダーシリーズ50周年に相応しいガールズオールスターでした。

全3話というのがもったいないくらい、もっともっと続けてほしい作品です。

それと、今回の作品をとおして仮面ライダーの世界には女性たちの活躍も欠かせないものだと改めて感じました。

これからも仮面ライダー作品を応援していきたいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まるに

現役医療従事者/副業ブロガー
5歳の息子と2歳の娘のパパ。
当ブログは仮面ライダーシリーズ&スーパー戦隊シリーズについて詳しく発信していきます。また、スーパー戦隊が観られる動画配信についても親目線で発信していきます。

-仮面ライダー, 映画レビュー
-