スーパー戦隊シリーズ 映画レビュー

映画『ゼンカイジャー赤い戦い!オール戦隊大集会!!』感想&考察|アカレンジャーのありがたいお言葉

ゼンカイジャー赤い戦い感想&考察
公開日2021年2月20日
上映時間約27分
キャスト五色田介人/ゼンカイザー:駒木根葵汰
ジュラン/ゼンカイジュラン:(声)浅沼晋太郎
ガオーン/ゼンカイガオーン:(声)梶裕貴
マジーヌ/ゼンカイマジーヌ:(声)宮本侑芽
ブルーン/ゼンカイブルーン:(声)佐藤拓也

ボッコワウス:(声)中田譲治
ゲゲ:(声)鈴木達央
スーパー悪者ワルド:(声)関智一
バスコ・ダ・ジョロキア:(声)細貝圭
ザミーゴ・デルマ:(声)入江甚儀
バングレイ:(声)神奈延年
十六夜九衛門:(声)潘めぐみ
スタッフ原作:八手三郎
脚本:香村純子
監督:中澤祥次郎
音楽:渡辺宙明/大石憲一郎
主題歌「全力全開!ゼンカイジャー」/つるの剛士 
視聴できる動画配信サービスTTFC、music.jpTSUTAYA DISCASdTVU-NEXT
HuluAmazonプライムビデオTELASA、Netflix

今回は『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』で同時上映されたひとつの『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』についての感想&考察をしていきたいと思います。

アカレンジャーのありがたいお言葉に注目です!!

あわせて読みたい

機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』あらすじ

この物語はテレビ版の第6カイと第7カイの間の話です。

いつものようにゼンカイジャーが見事なチームワークでトジテンド軍をやっつけます。

まずこの「見事なチームワーク」というのが見どころの1つです!

映画がはじまって数分間で見事にゼンカイジャーらしさを全開させています。

全ての平行世界を閉じ込めようとしている悪の王朝トジテンド。

その大王・ボッコワウスが新たに誕生させたスーパー悪者ワルドによっていろいろな世界の怪人たちを大集合させてしまう。

ゼンカイジャーは変身の要(かなめ)となるギアトリンガーを奪われてしまい大ピンチ!!

このままスーパー悪者ワルドに世界を奪われてしまうのだろうか…

機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』感想&考察(ネタバレあり)

約27分とテレビ版と変わらない時間でおさめられた映画だったのであっという間に観終わりました。

簡単にまとめると、たくさんの怪人とたくさんのスーパー戦隊が戦って終わり!
なんですけど、たった約27分の中に「機界戦隊ゼンカイジャーと歴代スーパー戦隊」が集約されているんですよ。

60分や90分ある映画だとキャラクターや怪人、ストーリーを細かく設定できますが27分だとそれが厳しい。

だけど『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』ではもっとストーリーを長くできるところを削ぎ落して大事なところだけをまとめ上げた、そんな濃い映画でした。

ここからネタバレ…

まず物語がはじまる前説で「キラメイジャーのいる世界」「リュウソウジャーのいる世界」「スーパー戦隊のいる世界はたくさんある」と解説していました。

僕はそこで初めてスーパー戦隊の世界はすべて違う世界なのだと知ってビックリしました。

だったら歴代のスーパー戦隊はどうやって「先輩!」「後輩!」って知るんだろう…
違う世界なら知る由もない気がするが…
そこは深く考えずに楽しんだ方がいいですね!w

そんな違う世界をまるごとトジルギアで閉じ込めようとする王朝トジテンドはかなり凄い気もする。

ストーリー最初からゼンカイジャー達がトジテンド軍と「見事なチームワーク」で戦います。

その時の必殺技?がこれまたゼンカイジャーらしさ全開。

若干ゴレンジャーハリケーンを模している感があるけど、ちょっとふざけた感があるのはゴレンジャーの頃から変わりないですね。

また、敵を倒した後が仕事終わりみたいに淡泊な感じがたまらん。

その後ゼンカイジャーそれぞれ自分の用事で解散するんだけど、ここでまた敵が現れます。
本編約27分だからさくさくなのも面白い。

その前に介人が部屋を掃除していたら赤いセンタイギア(オール戦隊レッド)を見つけます。
これが今回の「キー」ですね。

そして敵が現れあっという間にみんな捕まっちゃって大ピンチ!
いつもだったら介人らが変身するとき敵さんは待っててくれるんだけど、今回は待ってくれませんでした(笑)

場面変わってゼンカイジャー達が鎖で捕まってます。

捕まってるんだけど何故かジュランの汗で解けちゃうんです。

キカイノイドだけど汗かいちゃうし、汗なんかで鎖がほどけちゃうし、いろいろツッコミどころ満載ですがそこがゼンカイジャーの良いところですよね!

ここでさっきの赤いセンタイギア(オール戦隊レッド)が役にたつ時!

その名の通り(オール戦隊レッド)、すべての戦隊レッドが登場です。

アカレンジャー筆頭に歴代レッドが勢揃いするのは圧巻です!まっかっかです!!

介人たちもゼンカイジャーに変身するのですが、アカレンジャーの「お前赤じゃないのか!?」が笑ってしまいます。
たしかにゼンカイザーは白いですね。

それからやっぱりあっという間に敵をやっつけちゃいます。
巨大ロボットもありません。
さっくさく!

最後にアカレンジャーの誠直也さんのありがたいお言葉が。
「よくやったゼンカイジャー。君たちの世界を守るのは君たち自身の強い心だ。これからも諦めるなよ。大切なものを守るためにな。」

僕はこのシーンが一番感動しました。
アカレンジャー誠直也さんの声が聴けるのもぐっときますし、「強い心、諦めない、大切なものを守る」この言葉がこれからこの先も生きていくための支えとなるんだろうなと、強く胸を打たれました。

まとめ

  • 『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE 赤い戦い!オール戦隊大集会!!』はさくさく観れる。
  • だから何回観ても飽きない。
  • ゼンカイジャーらしさ満載
  • アカレンジャーの言葉に感動する。

⇩今ならまだ間に合う!売り切れる前にGETしよう!⇩

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まるに

現役医療従事者/副業ブロガー
5歳の息子と2歳の娘のパパ。
当ブログは仮面ライダーシリーズ&スーパー戦隊シリーズについて詳しく発信していきます。また、スーパー戦隊が観られる動画配信についても親目線で発信していきます。

-スーパー戦隊シリーズ, 映画レビュー
-